売上を上げる宴会接客のポイント

今まさに宴会シーズン真っ最中ですが、少しでもより良い宴会を売るための
接客サービスについてルール化したものを一部ご紹介します。

1 宴会時の接客サービスこそ他店との差別化に貢献する
人数の多い宴会になればなるほど、従業員の目が行き届かず
それだけ、通常以下の気配り、目配りになりやすい。
だからこそ普段より少し上の付加価値サービスがより目立つようになる。

例)こまめな取り皿の交換、氷や水の補充、灰皿の交換、おしぼりの交換、携帯の充電サービス等

2 飲み会=飲ませるサービスに徹底する
飲み放題プランの最大の特徴を活かすことで、お客様にお得感を感じてもらうこと。
人数が多いと、幹事の気付きも弱くなり、また飲んでいるうちに、他人のグラスが空になっても
気づけない場合が多い。接客サービスの優先順位1番に、お替りのお伺いと即提供を実践することで
「空になる前にすぐに持ってきてくれる、よく気づく従業員」という印象を与える。
結果、幹事も安心して飲むことができるので満足度も向上する。
逆に、飲み物が遅いとシラケムードになるので要注意。

3 飲ませるサービス=皆上機嫌で売上も向上
良く食べ、良く飲んで頂くことで、満腹度とともに参加者の満足度も比例して向上する。
飲めない人には、お茶でも水でもよいからすかさず提供する。
皆上機嫌でお帰り頂くためには必須条件である。
上機嫌なお客には、時間延長の提案や別料金の追加注文も取りやすい。

4 温めなおし、盛り直しで好感度UP
宴会料理は食べるスピードも遅かったり、中途半端に残ったりするもの。
だからこそ、ころあいを見て、温めなおしや盛り直しをすることで
気の利いた印象を与える。また、お腹いっぱいなのに、食べるきっかけにもなるので一石二鳥。

結果として、支払価格以上の満足度をお客様に提供することが次につながるのです。
料理の内容を変えずとも、飲み放題杯数増や上記のサービスを行うことでお客様の満足度は向上します。

ぜひお試し下さい。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする