個人店の割引販促の仕方とは?

販促にて、なんでもかんでも割引すれば良いとい訳ではありません。

10%でも20%でも割引してもらえるとお客は確かに嬉しいかもしれませんが
その割引が後に繋がらなければ、お店にとっては無駄金と等しいと言えます。

大事なことは、お客に感謝され、記憶に残り、喜んで頂き、ファンになってくれれば良いわけです。

ある定食屋では、割引サービスやクーポン等一切発行しない個人オーナのお店ですが
数回利用したのち顔なじみになると、食後にコーヒーが出てくるようになりました。
また、ある時はデザートなんかもサービスしてくれます。

同じコーヒー1杯をサービスするにも、クーポン券を掲示して飲むコーヒーと
お店の善意でサービスしてくれたコーヒーと、どちらがお客にとって価値があるでしょうか?

後者の場合、お客がお店に感謝して飲んでくれることでしょう。
クーポンの場合、サービスしてもらって当然という気持ちしか残りません。

ようは、お客の顔がクーポン券と一緒で、顔を見て、個人に合わせたサービスをしてくれるのです。
だから、気分良くしたお客さんはクーポン等関係なく、自分を上客とみてくるれお店に通ってくれるのです。

こうした、目配り、気配りができるお店ではクーポン等必要がないかもしれません。

また、割引の仕方でも、活きた割引、死んだ割引が存在します。

地方の学生街にある、10坪ほどの小さなラーメン屋さんでは、お客が誕生日だ、何か記念日だ、何か良いことがあったと聞けば
そのお客のラーメンをタダでサービスしています。元々の価格が安いので割引やクーポンなども
ありませんが、おめでたいことがあると、精一杯サービスしてくれるのです。
マスターは「今日はお兄ちゃんの誕生日祝いに俺がラーメンを奢るよ」と一言添えてラーメンを出してくれます。奢ってもらったお客はマスターに感謝しきりです。たかが500円のラーメン1杯、原価はしれてます。
でも、ラーメンというプレゼントで自分をお祝いしてくれたということに印象が強く残るのです。

方や、近隣のラーメン屋さんでは、綺麗に印刷した100円割引券を配っていますが
今一つ、集客には弱い結果となっています。

特に、個人経営のオーナーが常に店にいるお店では、オーナー自身がお客の顔を覚え
お客の意表をつくサービスを提供していくことが、確実にリピーターを増やしていく方法だと
思います。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする