メニューアイディア

ずばり、客単価を上げたほうがよいでしょう。

少し気になっていたデーターがあって、ずっと観察していました。
去年の年末からの忘新年会、今年の歓送迎会の予算傾向が

一人あたり参加予定金額
3000円~4000円 30%
4000円~5000円 15%
5000円~6000円 28%
(出典:<a href="http://grc.hotpepper.jp/" target="_blank" title="">ホットペッパーグルメ リサーチセンターさんの調査</a>)

となっています。
3000円台と5000円台に大きく2極化していることです。
4000円台が異様に少なく感じて、5000円台がウソでしょ!みたいな感じです。
この結果は、飲食店経営者の多くの方が違和感を覚えるんではないでしょうか?
ちなみに、6000円以上は7%程しかありません(高級店でしょう)。


ぐるなびやホットペッパーで宴会コースを検索すると
4000円以下のコースを主力にする店が多く、5000円~6000円コースは
極端に減っています。調査結果と現実はズレてますね・・・

調査結果を信じるなら、5000円台のコース品揃えを考え直したほうが良いということになります。

去年と比べても、今年の(12年)忘新年、(13年)歓送迎と、この2極化傾向強くが現れてますので
本年度も同様の傾向が続くと思われます。

宴会プランのリニューアルのご参考まで。

商品を宣伝する際に大切なポイントとして、利用場面を提示することが挙げられます。 例えば、唐揚げという商品を売る際には、唐揚げとともに美味しそうにビールを飲んでいる人の写真を掲載することで、「今夜のビールの充てに唐揚げが良いな」とイメージさせることです。 おかずとしては勿論、酒のつまみとしても連想してもらうのに写真1枚で事足ります。 ここで、単に「唐揚げとビール」を掲載するのと 「唐揚げ、ビールを飲む人」を掲載す

開運セットPOP外張り出しA3

るのとどちらが注目度が高いでしょうか? 経験上からも後者のほうが目立ちます。 人の顔というのは、商品よりも目立ちます。 人の目は自然と人の顔に焦点が合うようにできているからです。 先日も、あるお店で新商品の定食POPに人の顔素材を掲載したところ 常連客からまっ先に、この人誰?と質問がきたそうです。 つまり、アイキャッチとしては最高の素材となるわけです。 さつまいもの通販なんかもお手伝いさせて頂いた時も同じでした。 焼き芋の写真は非常に地味なので 作っている人 食べている人 この写真素材は必須です。あるのと無いのとは天と地程の差がでてしまいます。 というわけで、飲食店さんのPOP作成においては、利用している人の顔を素材に取り入れて 見てください。きっと変化があるはずです。