繁盛店になるコラム

どんなお店でも競合店といのうは意識されていると思います。今回は競合との戦い方をお伝えしていきます。

 

1 プロ飲食店のあるべき姿

飲食業において商売が成り立つ場所でのブルーオーシャン業態というのは存在していません。ましてや日本の将来推計人口推移からマーケットは縮小することが分かっています。どんな業態であれ、競合店との競走に勝ち続けなければならないのです。つまり、時流や環境の変化に適応できるお店だけが生き残ると考え、常にお客が納得する価格と味を追求することがプロ飲食店のあるべき姿と考えます。

 

2 参入障壁を必ず持つこと

マネしようと思ってもマネができない要素をいくつ持てるか?それが参入障壁であり業態のコンセプトにも深く関わってきます。一般的に参入障壁と言うと、初期投資や設備面、規模の問題が出てきますが、飲食業においては、あなた個人にしかできない圧倒的な価値のある仕入れルートを持つ、あなたの会社でしか実現できない運営方法がある、独自の調理レシピや技術を持つ、等です。

 

3 1点突破戦略を実現する

1点突破とは、一部の要素でも良いので自店商圏内において自店舗の力相応な部分で1番と言われる評価を手にすることです。品揃え、価格、店構え、QSCA(品質、サービス、クリンネス、雰囲気)にて平均のお店というのが一番多いのです。お店に欠けている部分はこの際目をつぶりましょう。●●と言えばあなたのお店と思い浮かばれるような要素を作り上げ、磨きあげてください。1点突破すれば、欠点もより目立たなくなるものです。

 

4 1点突破後の全面展開

1つの長所を更に成長させること。更に、2つ目、3つ目の長所を増やすことが経営課題となってきます。

経験上、1点突破した店は、その関連商品が充実していく傾向があります。頂きがあがれば、山の裾野のように平均も上がってくるのです。

資料

 

5 包み込み戦略

1番店の取るべき戦略は競合店アイテムの包み込みです。競走相手の売れ筋商品を自店にも取り入れていくことです。1番店の場合、1点突破商品が認知されているので、競合の商品を導入しても業態の軸がぶれることがありません。逆に、1点突破できていないお店がこれを行うと、何がウリかわからない状態となり失敗する確立が高いのです。

 

6 MIX粗利の管理能力

成熟した飲食業界では、お客が納得する価格と味の要求レベルが毎年上がっています。

そこで、MIX粗利にて収益をコントロールする技術がますます求められます。

ここでの成功ポイントは一人あたりの商品注文数をいかに向上させるかということです。

バイキング形式の店では当たり前の発想ですが、普通のお店ではトップダウンでしか実現しにくい部分でもあります。原価率100%超の集客商品は赤字部分を広告宣伝費と割り切ったり、その他の商品との組み合わせ販売で利益を確保する手法です。単品販売の専門店では、主力商品ではなくサイド商品での品揃え展開力が必要となります。

 

7 信徒を作れ

今までの要素とは関係なく、安定経営できているお店もたくさんあるのも事実です。

そこには、信徒と呼ばれるような常連客がついています。店主やスタッフとの交流が目当ての場合や

お客の人生になくてはならないようなお店です。突き詰めると、人間性の向上が一番大切だということです。

ホームページやブログで情報発信するのが当たり前の時代ですが、今ひとつ集客に結びついていないお店も多いのではないでしょうか?今回はネットで誰でも確実に集客できるネタをご紹介したいと思います。

6月イラスト

STEP1 自分のお店の客観的な評価を集めてみる

あなたの店を、グーグルやヤフーで検索してみてください。できれば、検索オプションで過去3ヶ月以内の情報を絞り込みます。集客につなげていくには、できるだけ新しい情報を活用したほうが成功率は高まるからです。その検索結果より、自店を話題にしているブログ記事などをピックアップしてみます。

 

STEP2 自店の話題記事で良い評価のものについて

素直に、記事に対して御礼のコメントを残しましょう。ブログを書いている人は、コメントされると素直に嬉しいものです。そして自店以外の記事についてもついでにチェックしておきましょう。自店の顧客が、他にどんなお店を訪れているのか?どういう点を評価しているのか?自店にフィードバックできる要素があるかもしれません。

 

STEP3 お客様のブログを褒めたたえよう

自店を褒めてくれる素晴らしいブログ記事ならば、より多くの方々に見て頂きたいものです。

自店のホームページ、ブログ、TWITTER、メルマガ等、ネット媒体を駆使して「お客様のブログを紹介する記事」を掲載しましょう。その際にはSTEP2でチェックした自店以外の記事も紹介するようにしてブログ全体を贔屓目なく宣伝することがポイントです。

 

STEP4 お客様のブログコメントで報告する

ブログを勝手ながら紹介した旨、コメントを残しましょう。万一迷惑ならば、すぐに削除することも伝えておきます。ブログを書く人間の心理として、ほとんどの場合、お客様は大喜びしてくれるはずです。

仕上げに掲載許可の御礼としての特典と再来店をお待ちしている旨伝えます。

これで来店して頂いたら、お客様とは自然と仲良くなり固定客となるでしょう。

 

 

私のご支援先でも、積極的に取り組んでいますが、非常に高い確立で再来店、リピーター化を実現しています。自店を紹介してくれるブログ記事は、しっかり掘り起こして「自店のグルメリポーター」にしてしまうことです。

なにより、他人の文章、写真を利用してお店の宣伝が出来るのですから、自分で記事を0から書く事を考えるより非常に楽です。写真を撮る手間もありません。

 

もう1歩、突っ込んでメニューPOPにしてしまう方法もあります。

例えば、単品メニューの紹介をしている記事があれば、書き手の許可をとった上で、その記事をそのままメニューにしてしまうのも充分アリです。お客のクチコミなので訴求力はかなりあがると思います。

 

ブログに限らず、TWITTERやFACEBOOKでも同じように考えることができます。

大手ではやりにくいですが、中小の飲食店にはおすすめです。お試し下さい。