繁盛店になるコラム

ずばり、客単価を上げたほうがよいでしょう。

少し気になっていたデーターがあって、ずっと観察していました。
去年の年末からの忘新年会、今年の歓送迎会の予算傾向が

一人あたり参加予定金額
3000円~4000円 30%
4000円~5000円 15%
5000円~6000円 28%
(出典:<a href="http://grc.hotpepper.jp/" target="_blank" title="">ホットペッパーグルメ リサーチセンターさんの調査</a>)

となっています。
3000円台と5000円台に大きく2極化していることです。
4000円台が異様に少なく感じて、5000円台がウソでしょ!みたいな感じです。
この結果は、飲食店経営者の多くの方が違和感を覚えるんではないでしょうか?
ちなみに、6000円以上は7%程しかありません(高級店でしょう)。


ぐるなびやホットペッパーで宴会コースを検索すると
4000円以下のコースを主力にする店が多く、5000円~6000円コースは
極端に減っています。調査結果と現実はズレてますね・・・

調査結果を信じるなら、5000円台のコース品揃えを考え直したほうが良いということになります。

去年と比べても、今年の(12年)忘新年、(13年)歓送迎と、この2極化傾向強くが現れてますので
本年度も同様の傾向が続くと思われます。

宴会プランのリニューアルのご参考まで。

1 2 3 4 5 6 32

接客オペレーションは「いかに気づくか?」ということが肝ですが
慣れない人はなかなか気づけないものです。

良く気のつく人とそうでない人の決定的な違いは「目線」です。

先日、大阪でオープンする高級レストランのドライランにお邪魔してきました。
有名店だけあって良い人材が集まっていますが、その中でも「サービスが格段に良い人と普通の人」という差が現れてきます。

自身がお客となって、接客サービスを受けていると、サービスが良いと感じる人とは
頻繁に「目」が合うのです。目が合えば、ニコリと笑顔で返してくれて、何か欲していると感じたら
近づいてきてくれます。

逆に、接客サービスが普通だと感じる人とは、こちらが相手を見ていても一向に目が合いません。
目線はテーブルの上や空中を見ているようでした。

この目線が合うということは、お客様と会話をする上での大切なキッカケとなるものです。
つまり、「離れた場所のお客様とも、アイコンタクトをする訓練」が非常に大切だと思います。
そして、「目が合えば、ニコリと笑顔で応えること」

どんな人であれ、自分の子供には自然と出来ていることだと思いますが
それを、大切なお客様にも実践してくれればいいのです。

非常にシンプルですが、最初に教えるべき大切な考え方です。

1 2 3 4 5 6 32