売上UPや販促

ホームページやブログで情報発信するのが当たり前の時代ですが、今ひとつ集客に結びついていないお店も多いのではないでしょうか?今回はネットで誰でも確実に集客できるネタをご紹介したいと思います。

6月イラスト

STEP1 自分のお店の客観的な評価を集めてみる

あなたの店を、グーグルやヤフーで検索してみてください。できれば、検索オプションで過去3ヶ月以内の情報を絞り込みます。集客につなげていくには、できるだけ新しい情報を活用したほうが成功率は高まるからです。その検索結果より、自店を話題にしているブログ記事などをピックアップしてみます。

 

STEP2 自店の話題記事で良い評価のものについて

素直に、記事に対して御礼のコメントを残しましょう。ブログを書いている人は、コメントされると素直に嬉しいものです。そして自店以外の記事についてもついでにチェックしておきましょう。自店の顧客が、他にどんなお店を訪れているのか?どういう点を評価しているのか?自店にフィードバックできる要素があるかもしれません。

 

STEP3 お客様のブログを褒めたたえよう

自店を褒めてくれる素晴らしいブログ記事ならば、より多くの方々に見て頂きたいものです。

自店のホームページ、ブログ、TWITTER、メルマガ等、ネット媒体を駆使して「お客様のブログを紹介する記事」を掲載しましょう。その際にはSTEP2でチェックした自店以外の記事も紹介するようにしてブログ全体を贔屓目なく宣伝することがポイントです。

 

STEP4 お客様のブログコメントで報告する

ブログを勝手ながら紹介した旨、コメントを残しましょう。万一迷惑ならば、すぐに削除することも伝えておきます。ブログを書く人間の心理として、ほとんどの場合、お客様は大喜びしてくれるはずです。

仕上げに掲載許可の御礼としての特典と再来店をお待ちしている旨伝えます。

これで来店して頂いたら、お客様とは自然と仲良くなり固定客となるでしょう。

 

 

私のご支援先でも、積極的に取り組んでいますが、非常に高い確立で再来店、リピーター化を実現しています。自店を紹介してくれるブログ記事は、しっかり掘り起こして「自店のグルメリポーター」にしてしまうことです。

なにより、他人の文章、写真を利用してお店の宣伝が出来るのですから、自分で記事を0から書く事を考えるより非常に楽です。写真を撮る手間もありません。

 

もう1歩、突っ込んでメニューPOPにしてしまう方法もあります。

例えば、単品メニューの紹介をしている記事があれば、書き手の許可をとった上で、その記事をそのままメニューにしてしまうのも充分アリです。お客のクチコミなので訴求力はかなりあがると思います。

 

ブログに限らず、TWITTERやFACEBOOKでも同じように考えることができます。

大手ではやりにくいですが、中小の飲食店にはおすすめです。お試し下さい。

私の家はマンションなんですが、先日ポストの中に細く長く巻いた紙が入ってました。

大概、DMだと察知はするものの、やはり中身が気になるので開けて確認してしまうんです。

今回は美容室のチラシでした。中身は普通。A4片面の文字だけチラシ。

ただ商売柄かどこの美容室が入れたのかは確認しました。頭使ってるんやなーと。
少なくとも印象には残りました。

恐らく手作業で1枚づつ巻いてるんだと思います。

手間ですが、開封してもらう努力に敬意をはらいたいと思います。

でも、もう少し中身に頭を使ったら良いのに、もったいない・・・と感じた次第。