厨房について

最近では、包丁のないFC飲食店もあるようですね。

私は時々厨房でオペレーションのお手伝いもしているのですが
その時に注意してみるのが冷蔵庫の中身と包丁の切れ味です。

先日も、ある居酒屋さんの厨房で商品開発のお手伝いをしていたのですが
手にした包丁の切れ味が悪い・・・

「この包丁研いでますか?」と聞くと
たまに研いでますといって、100均で売っているような包丁研ぎを使っていました。

最近の若い調理人は、料理は作れても包丁の管理が出来ていない方が多く見受けられます。
そもそも、砥石を使ったことがない方も多く、使い方、研ぎ方を知らないのです。

砥石といっても、ピンキリの世界です。
人造の1000円前後~天然の砥石なら数万円もします。
種類も用途によって多数あります。
包丁と同じでプロにはこだわりがある世界です。
研ぎ方は難しくありません、少し練習すれば誰でもマスターできます。

高い砥石を使う必要はありませんが、最低限、3日に1回は砥石で丹念に研いで欲しいと思います。

魚や野菜の切り口が断然変わりますよ、何より、調理中のストレスもなくなり、より仕事が楽しくなると思います。

経営者や店長さんは一度チェックしてみてください。

手配していた業務用炊飯釜がとどきました。

ここの飲食店のオーナーは、既存メニューのブラッシュアップに余念がありません。
一つ一つの食材を、より良くより安くを基準に改善してきました。
そして、今回はご飯を抜本的に変えることにしたのです。
米の銘柄はそのまま、炊き方を変えようと。

目を付けたのが、ガス圧力式無浸漬炊飯器。

これは特殊な圧力釜タイプの炊飯器です。
標高の高い山小屋なんかで威力を発揮する炊飯器です。
米を圧力釜で炊飯すると、モチモチ、ツヤツヤに炊き上がります。
提供するご飯を美味しくしようということで決断されました。

ちなみに、この炊飯器は一般的な業務用炊飯器の3倍以上の価格です・・・

ご飯物が中心のお店で差別化策を検討しているかた
プランのひとつに加えてみたらどうでしょうか?

導入についてのご相談も受けております。